SideBusiness

日本の非正規雇用は4割あります。そして貯金ゼロ世帯が3割あります。このコロナ騒ぎで個人事業主には保証がないことがあらわになりましたが私はあえて個人事業主(=フリーランサー)になりなさいと言いたい。そうすれば経費を引いた後から納税するようになり余裕もできます。ただし青色申告して帳簿をつける必要があります。

Bridal

あなたは「いい男がいない」と思っていませんか?もしかしたら男性もそう思っているかもしれません。男性は「尽くしてくれる女性」が好きです。尽くすというと古風な言い方ですが、別の言い方をすれば「やすらぎ」を求めるのです。「男を立ててあげる」女性はきっと男性から好まれますよ!

SideBusiness

若い方、特に40歳台の方は年金75歳からの支給になりそうです。そうなれば、もはや年金を当てにできないということです。 なぜなら75歳まで働きなさいということだからです。だったら、今のうちにフリーランサー(=自営業者)になって青色申告をして経費を使って生活し節税した分だけ積み立てられそれを取り崩しながら生活できます。

Bridal

男性は家庭に「やすらぎ」をもとめます。男性目線から見たいい女・好きになるタイプの女を紹介します。今回は「褒めてくれる女」女性もほめてくれる男性を好きになると同じように男性もほめてくれる女性が好きです。一つの「返報性の原理」なんですね。

SideBusiness

年金を65歳でもらうか60歳からもらうかの場合、65歳からもらえば年間300万。60歳からもらえば年間210万円です。多くの人は90万円お得だと思って65歳からもらうことを選択してしまいます。しかしよく考えてみると年間300万の年金の方はそこから住民税が引かれるのです。210万の場合は住民税は非課税です。

Bridal

男性から見るいい男と女性から見るいい男は違います。授かり婚で早婚する女性たちをちょっと卑下した見方をしながらも、あとから思えば正解だったかもという気がしたりします。そうです、リッチな男性を求める気持ちはわかりますが裕福だけが幸せではありません。もっと多くの男性と知り合うためにオンラインでのお見合いを検討しましょう。

SideBusiness

新入生の皆さんまず起業しなさい。起業と言っても難しいことは何もありません。「青色申告」にするだけです。そうすることによって働いたお金から税が引かれるのではなく、入ってきたお金から経費を引いた分から税がかかることになるのです。経費には学費や書籍代などが経費にあたるので103万円を超えることはありませんので扶養のままです。

Bridal

お見合いの選択肢の中には当然「年収」の項目がありますし、年収によって結婚後の生活を思い浮かべるの当然です。 しかし、あなたの考えている年収と言うのは会社員や公務員といった勤労者の年収を指しています。勤労者はそういう方々ばかりではありません。自営業者もいるのです。彼らは、「経費」を使うので年収が低くなるのです。

Bridal

男性の生涯未婚率25%の現在、35歳以上の未婚女性が結婚できないわけがありません。35歳以上になると5年以内に結婚できる確率は10%で40歳以上になると5%ほどだと言われています。女性が結婚できない理由の一つが「理想の高さによるミスマッチ」なのです。あなたは結婚できます。そのかわり自分の市場価値を確かめましょう。

SideBusiness

非正社員の場合、会社は雇用を守ってくれません。かといって正社員にはなれません。そういう場合にはフリーランサー(=自営業者)になって業務委託契約にして会社に請求書を送付する立場になってみてください。そうすると税金が驚くほど減って余裕が出てきます。