Bridal

20代の男性が結婚するために男の原点である行動の原動力について考察しています。 ナポレオンヒルの「思考は現実化する」の中でも言われていることをあえて取り上げると「女性を喜ばそうとする欲望」につきあたります。婚活をしましょう!今なら年上の女性の方からオファーがたくさん来ますからオファーを大切に扱ってみましょう。

Bridal

基本的に男性は年下を好みます。それは幼少期から「男の子でしょ」と言われ男であるためには女性を守らなければならないと躾けられているからかもしれません。しかし、あえて結婚相手は「年上の女性を選びなさい」とお勧めします。そもそも20代後半まで独身のあなたのコミュニケーション不足を年上の女性は上手に補ってくれます。

Bridal

「結婚は人生の墓場」とよく言われますが、その真意は「結婚したら家庭を護ることに専念しよう」という決意表明です。バブル時代、女性の気を引くために「アッシー・メッシー・貢君」なる言葉が誕生したように女性に尽くす男性が多く存在しました。独身男性は、30までに結婚するという決意を固めたら結婚相談所に入会するのが近道です。

Bridal

古代より男は外で働いて稼ぎ、女性は家庭を護るとされてきていましたが近年は、共働きなどの影響で婚期が遅くなり未婚率も高まっています。しかし、多くの人は結婚を望んでいます。30歳までに結婚するには結婚相談所に入会するのが一番です。結婚相談所の特徴を踏まえ入会することを希望します。

Bridal

もしあなたが30歳前後で未婚だとしたら、すでに出会いの時期は過ぎてしまったと認識しましょう。そこで、新たに出会いから恋愛を経て結婚に至る過程を進む道もあります。しかし、もしあなたがはやい結婚を望むのであればすぐにでも結婚相談所の登録をお勧めします。それは、女性に限らず男性も若ければ若いほど成婚率が高いからです。

Bridal

昔の人は「年上の女房は金の草鞋を履いてでも探せ」といったものです。今でもそうです。2歳ぐらい年上女性の方が、男性側も変に気取らず二人で手を取り合ってやっていけるようです。30歳を過ぎると男は仕事に本腰を入れなければいけません。そのためにも20代で結婚を考えてもらいたいものです。結婚相談所に入会するのが近道です。

Bridal

「結婚資金がたまってから結婚を考えよう」なんて考えていたらいつまでたっても結婚できません。時代は巡って今はまた結婚ブーム。婚活には女性の方が真剣ですから、婚活市場に参戦していない男性にはもったいない状況なのです。「コロナ」によって時代は変わります。これからは若者の時代です。そんな新しい時代を二人で歩みましょう。

Bridal

NYの若い女性がJPモルガンのCEOに私のような素敵な女性にふさわしい男性と出会う方法を質問しました。その回答は、投資に例えるならこれから目減りする資産に投資する人はいませんと返します。男は女性によってどうにでもなるのですから、最初から完璧な人を選ぶのではなく「欲を捨て」「自分の身の丈」にあった方を選んだらどうですか?

Bridal

実は女性も男性も寝てみなければお互いの本性はわかりません。そういった外見だけではわからない相性の良さと言うのも確実に存在します。そこで、40歳以上で未婚の女性に提案です。男性をわかりやすく誘ってみてはいかがでしょう?男性と言うのはしょっちゅう身体を接しているといとおしさを感じるそんな生き物なのです。

Bridal

男は仕事をして家族を養うというのを本能として持っている。女性はそういった男性にくつろぎを与えるのが一般的な女性像だ。 夫婦円満の秘訣は「堪忍袋」「給料袋」「お袋」と言うのは言い古されるが「胃袋」「金玉袋」「笑い袋」と言うのも有名です。危機感のない男性も結婚相談所を利用することによりより身近に結婚に取り組もう。