【婚活】20代男性に告ぐ 今のうちに結婚しておきなさい(7)男を動かす原動力

Bridal

寒河江幹です。

このブログは、25~30歳の未婚男性でいま結婚を考えている方に発信しています。

人生最大の経験は何?

ナポレオンヒルをご存知ですか?

世界で7000万部以上売れている「思考は現実化する」の著者です。

彼は我々に問いかけます?

人生最大の経験はなに?と

回答 です。

そしてこう付け加えます。

愛と性が混然一体となって二つの感情がまじりあって安定した精神のやすらぎがもたらされるとそれにロマンスが加われば、無限の知性が引き出され

生まれそこに天才が現れるのだと。

男を動かす最大の原動力は?

さらに我々に問いかけます。

男を動かす最大の原動力は何か?と

回答 女性を喜ばそうとする欲望である。

答は単純だし誰しも腑に落ちると思います。

子どもの頃は好きな子の前ではカッコよく振舞ったり、逆に気を引くためにいじめたり金持ちになって豪華な生活を送ろうとするのもすべていい格好をしてモテたいためなのです。

「夫は妻によってつくられもするし、壊されるもする」と言う西洋の古いことわざがあります。

男が、偉くなろうとするし、金持ちになって名声も得ようとする。

それらの主たる原動力は女性を喜ばせようとする欲望から出ているのです。

つまり、男の一生から女を取り去ってしまったら、大財産も地位も名誉もすべて無意味だということです。

上のことわざは、女を喜ばそうとする男に内在する欲望が、女が男をつくり、破壊する権力を女性が持っているということを意味しています。

ということは、その性質をよく知り抜いている女性は、男性の浮気など心配する必要がないのです。

だってほかの女性との付き合いは単なる“遊び”であることは明白だからです。

また、そういう性質をよく知り抜いている女性は、夫を操れるのです。

その代表が 野村沙知代さんであり落合信子さんです。

日本ではお二方を悪妻と呼びますが、どうしてでしょうか?

おそらく、上述したように“夫を操る”のに長けていたからなのでしょう。

でも夫である、野村克也氏や落合博満氏は離婚したでしょうか?

違いますよね。御二方とも非常に愛妻家です。

さてこのブログは、未婚の男性にお送りしています。

  • 「男は女を喜ばすために働く」のだということ。
  • 冨や名声や権力も結局は女性を喜ばせるために男が求めるものだということ。
  • 愛のない人生は無意味だということ
  • つまり結婚しなさいということ

あなたが今、婚活を始めたら年上の女性からのオファーがたくさん届きます。

ぜひ、年上だから断るのではなく逆にオファーを大切に扱ってほしいのです。

年上の女性は、あなたを伸ばそうという目で見てくれます。

だからあなたは給料が低くてもあまり問題にはなりません。

期待値が加わるからです。

つまり、いい格好をしようとしなくてもいいのです。

そういう気持ちは大切ですよ。

そういう気持ちに触れた時、年下の女性の前では変に格好つけていた自分がわかるはずです。

さあ、【婚活】はじめましょう

そのためには、結婚相談所を選ばなければいけません。

今までは、大手・中小という枠組みで大手は前払い型・中小は成婚報酬型に分かれていました。

しかし、現在 入会金なし・成婚料なし 月会費のみ4000円~という価格破壊が起こっています。

それは、オンラインですべてを処理する電子審査で3分で活動開始!スマホ結婚相談所 【naco-do】
が現れたからです。

安いからと言っても、基本的なサービスは充実しています。

だから現在、結婚相談所の入門ということでベンチマークになっている結婚相談所☞naco-do

設立2年目ながら、多くの実績をあげています。

  1. 3ヶ月以内にお見合いが成立した93.6%☞90日以内に「出会い」がなかった場合月会費<全額返金>
  2. 入会して1年以内に交際した91.7%
  3. 他社サービスを利用していた時よりお見合い回数が1.5倍に増えた



ツイッター
https://twitter.com/poso1922

人気記事【ブログ書くことない】ブログ書き方テンプレートで解決【ひな形】

人気記事【持ち物公開】場所を問わないノマドワーカーのバックパックLIFE