【出張希望】むずむず脚症候群・レストレスレッグス症候群で睡眠障害に困っている方へ 経絡治療はいかがですか?

Health

経絡治療専門出張治療家 寒河江幹です。

「脚の中を虫が這うような感覚がある」「脚の中がかゆい」「足が火照る・痛む」といった症状を持っている日本人は人口の2~4%で200万人~400万人いると言われています。そのうち治療が必要な方は70万人いるとされており女性の方が男性の1.5倍も多く70歳台をピークに年齢が高くなるほどこういった症状を持っている人が増えています。

  1. むずむず脚症候群(レストレスレッグス症候群)の生活に及ぼす影響
  2. むずむず脚症候群またはレストレスレッグス症候群で次の4つの特徴があります
  3. むずむず脚症候群またはレストレスレッグス症候群でよくみられる症状8つ
  4. むずむず脚症候群(レストレスレッグス症候群)の原因
  5. むずむず脚症候群(レストレスレッグス症候群)が起こりやすい人6例
  6. 薬の内服によらないで東洋医学での施術はどうするの?

むずむず脚症候群(レストレスレッグス症候群)の生活に及ぼす影響

なかなか寝付けなかったり、いったん眠っても足の不快感で目が覚めてしまうことによる影響3つ。

  1. 日中の眠気
  2. 睡眠障害による疲労
  3. 集中困難

むずむず脚症候群またはレストレスレッグス症候群で次の4つの特徴があります

□ 脚を動かしたくて我慢できなくなる
□ 脚を動かすと不快な感覚が軽くなる
□ 夕方から夜にかけて症状が現れたり強まったりする
□ 安静にして横のなったり座ったりすると症状が現れてくる

むずむず脚症候群またはレストレスレッグス症候群でよくみられる症状8つ

  • うずく
  • 虫が這うような感じがする
  • むずむずする
  • むず痒くかきむしりたくなる
  • 熱い
  • 冷たい
  • 火照る
  • 歩き回らずにはいられない
  • じっとしていられない

むずむず脚症候群(レストレスレッグス症候群)の原因

突発性:原因が明らかでないもの

二次性1:神経細胞の異常 ドーパミンがうまく作動しないことによる説
    2:鉄分不足
    3:遺伝

むずむず脚症候群(レストレスレッグス症候群)が起こりやすい人6例

  • 家族に発症した人がいる
  • 鉄欠乏性貧血
  • パーキンソン病
  • 慢性腎不全(人工透析患者)
  • 糖尿病
  • 妊婦

薬の内服によらないで東洋医学での施術はどうするの?

はい、近年脚の静脈の逆流(静脈瘤・静脈不全)を治療すると「むずむず」の症状が改善することがわかってきました。

むずむず脚症候群

静脈瘤

経絡治療による東洋医学での施術は以下の手順になります。

  1. 脈診や腹診をします。
  2. 証を決定します。
  3. 証に応じた穴(ツボ)を選定し施術します。

鍼中心で施術をしたのちに静脈瘤に対応したリンパマッサージを行います。
むずむず脚症候群
お気軽にお問い合わせください。

» お問い合わせはこちら

» お急ぎの場合 フリーダイヤル 0120-69-1232 ㈱パルムネット 経絡治療専門出張治療 細田はりきゅう指圧院 (午前中のみ・日祝休)

人気記事【どうにかしたいぎっくり腰】ハリで治ります!【まずはどんな腰痛の型か?】

人気記事【薄毛治療】薬に頼らないハリによる薄毛対策(AGA・FAGA)施術はいかがですか?【出張OK】