【訪問リハビリマッサージ】交通費で貧乏しないカラクリ 25年前私がはり灸指圧院を開業したころとの比較

Health

こんにちは、寒河江幹です
近年、マッサージ師の資格を持って出張マッサージ専門で開業する方が増えてきました。
それには交通費にあたる往診料がある程度高いので貧乏しないカラクリがあります。
私は以下のようなツイートをしました。

はりきゅう指圧院開業時、誰しもが抱く不安3つ

  1. 固定客はついてくれるのだろうか?
  2. 売り上げがあがらなかったらどうしよう。
  3. 実費治療だから保険が効く接骨院に行くよなぁ?

固定客はついてくれるのだろうか?

 これはだれもが抱く不安であろう。
しかし、固定客がついてくれる前に果たして患者にあたるお客様が来てくれるかどうかが心配だ。
私は、生まれ育った地元で開業したのでチラシを撒いただけだった。
しかし、おかげさまで田舎には次のような3つの要素があるので助けられた。

  • ①新しいところができたので一度様子を見に行ってみよう
  • ②私の父母の知り合いが来てくれた
  • ③整形外科でもらうシップや接骨院での電療だけでは満足しない方が一定数いた

 

売り上げがあがらなかったらどうしよう

私も開業当初専門誌などではりきゅう業界には以下の知識はあった。

□ はり灸マッサージ師の資格で独立開業している人は5%ほど
□ はり灸院で生計を立てられる人は、1%に満たない
□ はり灸指圧院に来院する患者さんの95%はマッサージ希望

極端に貧乏というわけではないが、ボーナスもないし収入が安定しないのは確かだった。

はりきゅう指圧は実費治療だから保険が効く病院や整骨院に行くよなぁ?

整骨院の算定料金は部位数によって異なりますが、3部位以上になると理由をカルテに記入しなければならなくなるため事務作業の簡略化やレセプトの返戻の低下のため多くは2部位で算定します。

2部位 1540円(再検・温罨法・電療あり)が普通の請求料金になります。

私は当時から50分¥4000 はりきゅう併用¥4800 でした。
1日来院数4~5人 月の売り上げ40万~50万でした。
そこから、テナント料や光熱費・雑費等を引くと手取り20万~30万でした。

整骨院はどうでしょう。?
整骨院はいつも満杯です。1時間に3人こなすと1日24人~30施術することになります。
さらに1日5~10人ほどの新患が来ます。初診料もチリが積もればです。
1日売り上げ4万円平均としても月売り上げ100万円にはなります。
そういう状況がわかったとき、柔道整復師の方がよかったのかなと思いました。

なぜ貧乏治療院から卒業できたのか?

私は、専門学校在学中のアルバイトに夕方から働けてそれなりの稼ぎがあるものということで塾講師をしました。
そこで私は夕方からまた塾のアルバイトを始めたのです。
その時、私がいない夕方から夜にかけてアルバイトしてくれるマッサージ師がいないかなと思い職安にマッサージ師求人を出しておいたのです。
すると、柔道整復師資格も持っているはり灸マッサージ師さんが応募してきました。
私は、彼の了承を取り付け彼を雇うことによってはり灸指圧整骨院を開業したのです。

医療保険が適用できるという凄さ!

交通費貧乏

はりきゅう指圧整骨院を開業してみてわかった3つのこと

  1. お年寄りが安心して来院している
  2. はりきゅう指圧の方も予約で埋まる
  3. 交通事故・労災が扱える

お年寄りが安心して来院している

実は医療保険を取り扱って初めて知ったのですが1983年度から施行されている老人保健法により老人(70歳以上)の窓口負担は月400円でした。
毎回ではありません。1ヶ月です。つまり、1回400円支払えば2回目から窓口負担なし。
何度通っても窓口負担は1ヶ月400円で済むのです。
これでは、1回4000円払って全身のマッサージを受けようとする方は、貧乏とは無縁の方しかないわけです。
その後、1997年から2000年までは1回500円。1ヶ月2000円が上限負担。つまり、400円から2000円に上がったとしても5回目からは窓口負担0でした。

はりきゅう指圧の方も予約で埋まる

これは相乗効果としか言いようがありません。テナントで受付もおかず1人でやっていたときは治療院は1対1です。
いいか悪いかは別として、整骨院は予約で埋まり待合室も混雑するようになると実費治療を受ける方も増えてきたのです。
おかげさまで私もフル回転。1日8人をひっきりなしに施術する毎日になりました。

交通事故・労災が扱える

実際には「はり灸指圧院」でも交通事故や労災は扱えます。
しかし、ほとんど誰も知りません。
交通事故患者さんは、整形外科に行くと待ち時間が長く仕事に支障が出るため夕方や空き時間にサクッと施術できる整骨院を受信される方がほとんどです。
整形外科と掛け持ちもできるため、診察は整形外科で施術は整骨院でと棲み分けができている感もあります
交通事故の患者さんは半年近く頻繁に来院されるので一人当たり月10万円以上の請求を損保会社にすることもありそれが平均4人ぐらいは交通事故患者を抱えていることになりました。
柔道整復師と受付の労務費はもちろん多額になりますが、十分ペイできる収入があがり貧乏から卒業できたのです。

時代は変わり保険請求は厳しくなって、そして

医療費の高騰を防ぐため、政府も医療費請求の抑制に動いています。
整骨院の保険請求も3部位はまず通らなくなりました。
長期来院患者にもメスが入るようになりました。
そこで見直されたのが出張治療によるリハビリマッサージです。
もともとマッサージ資格でも医師の同意があれば健康保険が適用できるのです。

マッサージで保険を使わなかった理由3つ

  • 1:1局所 340円といった料金体系のため全身治療に向かなかった
  • 2:往診がなければ1000円以内で施術するので採算が合わなかった(施術者側)
  • 3:そもそも医師が同意書の署名に消極的だった

出張マッサージが増えた理由3つ

  1. 介護保険制度が確立しリハビリが人的にも間に合わなかった
  2. 特養が満杯で入居待ちの老人への対策が急務だった
  3. 要介護のため通院できない老人が多く出張が前提のため採算に合うようになった(施術者側)

そこで私は以下のようなツイートをしました。


やはり、高齢化社会を迎え特養もあるけれども本人ができるだけ在宅での介護を希望するという社会情勢によって以下の3つの需要が高まった。

  1. 訪問リハビリマッサージ
  2. 訪問看護
  3. ヘルパー

そして今、出張専門で開業するマッサージ師が増えている理由3つ

  1. 交通費にあたる往診料が1回あたり2300円以上と高いため貧乏しないようになった
  2. 開業リスクが低下しただけでなく撤退費用もかからない
  3. 開業資金が少なく済むし店舗を持つための開業資金をためることが可能になった

無料体験レッスンをやっています

セラピストの皆さまは「売れる技術・サービス」がわかっているかと思います。
治すことが最大のサービスであり宣伝です。
5人治すと必ず1人紹介してくれます。
型をマスターして、お客様に安心して施術を受けてもらいたいと思っていらっしゃる方に向けて25年の経験と実績で培った治せるマッサージ教室を開くことといたしました。

【習得できるスキル】

レッスンは1回/2時間ほどを予定しています。
受講料 5回/¥98000 今なら50%OFF¥49000 【東京会場】
【マンツーマン】時間がない、1回で集中レッスンをご希望の方 3時間 ¥30000今なら¥20000【東京会場】

無料体験レッスン

1回2時間ほど、全身マッサージの型を伝授いたします。
お気軽にお問い合わせください。

» お問い合わせはこちら

人気記事【ブログ書くことない】ブログ書き方テンプレートで解決【ひな形】

人気記事【持ち物公開】場所を問わないノマドワーカーのバックパックLIFE