【鍼灸】咽喉頭異常感症・ヒステリー球ともいわれる梅核気に効くツボ

鍼灸

 鍼灸養成college講師の寒河江幹です。

なにか喉に詰まったような感じを「梅核気」といいます。
耳鼻咽喉科を受診しても「異常はありません」と診断されます。
しかし本人は不安になります。実はストレスや不満を引き金に発症する症状です。

梅核気の治療は東洋医学が得意とする領域です。原因は気滞です。
この異常感を咳で払おうとして「エヘン、エヘン」となります。
東洋医学的発生機序は以下のように説明します。
「思慮過度により脾を傷め脾気が鬱結しこれによって痰を生ずる。痰気が阻害されると咽頭や胸郭の上部が詰まるように感じる」
現代医学では「ヒステリー球」「咽喉異物感症」と表現しています。

本記事の内容

  1. 梅核気の特徴
  2. 鍼灸治療法
  3. 梅核気の治療例

【梅核気の特徴】

咳払い 梅核気
  • 男性よりも比較的女性に多い
  • くよくよ・小さいことを気にするタイプの女性に多い
  • 心の優しい内向的な性格の女性に多い
  • 我の強いこだわりタイプの男性に多い
  • 自分の主張が通らないと我慢ならないタイプに多い

【鍼灸治療法】

鍼治療

【任脈】

  1. 天突:顎を上げてから下に5mm直刺した後下方に斜刺して捻鍼。その後1mmぐらい残して置鍼
  2. 膻中: 気会穴 下から上に向けて斜刺する
  3. 気海: 臍下1.5寸  緊・数の数を取る

【腎経と肝経】

腎経と肝経は喉をまとっている。
上病下取:照海・太谿

【古典】

  • 臨床経穴学:李世珍 天突・豊隆
  • 鍼灸秘穴:照海
  • 経筋療法:黄敬偉 頸部・上胸部・腹部の硬結部位(筋結)に刺鍼する。

【精神異常に配慮する】

・後頚部の筋肉のコリ
・肩こり
・背部痛

【梅核気の治療例】

咳き込む女性
① 59歳 女性  <表在性梅核気>
主訴:喉の閉塞感と咳払い
治療穴:天突・膻中・太谿・神門(兪土穴・原穴)
② 42歳 女性  <潜在性梅核気>
主訴:不眠・肩こり・いつも腹が立つ
前病歴:神経症・自律神経失調症
脈診:緊・沈 肝腎陽虚 
1回目:四神聡(奇穴)・大衝・神門・太谿・三陰交 および肩こり
2回目:よく眠られるようにはなった。喉のイガイガが残る。
    膻中・期門・足三里・太谿・三陰交
3回目:喉のつまりはなくなった。めまいと吐き気がある。
    同上
4回目:頭痛・吐き気・軟便
    同上の施術にて喉のつまり感はなくなった。

【申し込み《全国対応》

全国対応
首都圏にお住まいではなく、通院できない患者さんには日本鍼灸師会加盟の経絡治療を行っている近隣の優良な先生を紹介します。

お問い合わせの「その他の欄」におおよその住所  
例 山形県酒田市  のようにお書きください。

» お申込み

無料相談 ➿0120-69-1232 (9:00~17:00)

 【料金】

» 料金表

人気記事【どうにかしたいぎっくり腰】ハリで治ります!【まずはどんな腰痛の型か?】

人気記事【薄毛治療】薬に頼らないハリによる薄毛対策(AGA・FAGA)施術はいかがですか?【出張OK】