【脈診】証のとり方の手順と施術方法~証がわかってもその後がわからなければ治りません~

鍼灸

セラピストトレーナーズカレッジ講師の寒河江幹です。

  漢方やはりきゅうの場合、「証」を決定するのに脈診をします。多くの指南書では脈診をして「証」を決定するまでを教えています。しかし、その先まで教えているのはあまり見かけません。今回、「証」を決定しその後の施術まで実践的な流れを教授します。

患者さんが来ました。「望診」「問診」

問診

<望診> 特徴がある場合を列挙します。
 顔を見る → 白い → 肺虚かな?
 耳を見る → 黒い → 腎虚かな?
 口を診る → 黄色い → 脾虚かな?
 顔面・目の結膜 → 青い →肝虚かな?
眉間や舌を見る → 赤い → 熱があるのかな?

<問診>
「どうされましたか?」 
「今までかかった病気などありますか?今治療している病はありますか?」(既往歴)
「痛みますか?」→疼痛あり → 緊脈かな?(「緊脈の場合・数も伴う)

(女性の場合)「冷え性はありますか?」 → ある → 腎虚かな? 
(高齢の場合)「血圧の薬は飲んでますか?」→飲んでいる 
       → 更年期婦人に多く血圧の高すぎる沈脈 = 「緊脈」かな?

脈診

風邪の経絡

「証」は基本的に以下の4つです。そして、その証の場合取穴する穴を列挙します。

肺虚:太淵 (肺経兪土穴)
腎虚:復溜 (腎経経金穴)
肝虚:曲泉 (肝経合水穴) 
脾虚:太白 (脾経兪土穴) *本来、大都(脾経栄火穴)だが火穴故に避ける傾向がある。

これらに補法を行って、脈が整うか確かめる。

【手順1】中(平)脈:まず一番強い脈(胃の脈)をみる

 女性は右手の脈が左より大であり、尺脈が強い。
男性は左手の脈が右より大であり、寸脈が強い。
肥満者の脈は「沈」が正常とされる。
女性の「尺中の実」は子宮関係:「れい溝」(中封上方5寸)に多壮灸
男性の「尺中の実」は肺がんや静脈瘤など重篤病気が存在する場合あり

 数:1呼吸に5拍以上  急性病 熱があるのでは?
 遅:1呼吸に3拍以下  慢性病→長期の加療が必要 
            「きちんと眠れていますか?」→疲れ
      (女性には)「冷えはありますか?」*問診で聞いてない場合

【手順2】浮かして陽経を診る

 浮脈とは、軽く触れて強く感じる脈のこと(逆に強く押すとわからなくなる脈)

 力があれば 実脈 :「大腸実」=「肺虚」:「太淵」に補
*「肺虚」で後頭部が凝っているときは「志室」「「列缺」に補鍼
 力がなければ 浮虚 
【治療法】「委中」「飛陽」に浅刺補鍼した後「崑崙」に雀啄。抜鍼は閉じない。

【手順3】沈めて陰経を診る

 沈脈とは、強く抑えてわかってくる脈
 
 沈・数:交感神経の興奮 → イライラ・頭痛・肩こり・耳痛
 沈・遅:内分泌系・自律神経系 → 不眠・耳鳴り・めまい・腰痛・肩こり・冷え

【手順4】 左寸口の脈位を診る(他の指は浮かす)

<沈める>
 左寸口の指を沈める「沈」で力がある脈 =「緊脈」 → 交感神経の緊張が強い 
 沈脈は腎虚 → 復溜を補

 脈が細い=「細脈」:低血圧症・頚・肩のこり・背中のハリ・腰のこわばり

 「細・緊・数」→ 「照海」「兪府」に置鍼20分  瘀血症:左中封に雀啄
  *眼精疲労の場合→眼窩周辺の刺鍼
 
「緊」は「沈」(=沈んで小さい脈)で力のある脈・不揃いで力がある。
「洪」は「浮」で大きく力のある脈 *洪は疾病の亢進を表す
「洪」は浮き立ち浪の如くにて広く大きく満ちくるなり。

 「緊・数」 → 「築賓」(腎経:内果上方5寸 解毒の特効穴)「兪府」
 「洪・数」 → 「関元」(神闕:臍下3寸)にて後が消失するまで雀啄

まれに「弦」脈がある。ギターの弦を押さえたような筋張った強さのある脈。
これは「肝の邪気」のため「弦・数」には
「陽輔」(胆経:外果尖上方4寸)の圧痛を確かめ
「血海」(脾経:膝蓋骨の内上角2.5寸)
「気海」(神闕下方1.5寸)を補う。

 「緊」は「数」を伴うので「緊・遅」はない 
 「緊」は疼痛を伴う
 「洪」は疾病の亢進を現す 

 「洪・遅」 → 「腎兪」に灸頭針 または 肝経の「左中封」に雀啄(瘀血処置)

【手順5】右関上の脈位を診る(浮かして脾の脈を診る)

<浮かす>
 「緩」か「浮」か?
  どちらも強く押す(沈める)とわからなくなる脈。
  「緩」はゆったりとしてしっとりして幅が広い脈。

「緩脈」は「脾虚」 → 膵臓機能の低下=慢性の糖尿病患者に多く見られる 
【「緩脈」の治療穴】
脾虚:太白(脾の原穴)+太衝(肝の原穴)に置鍼20~30分 →「緊・数」に変化
糖尿病性の膝関節疾患の場合:局所治療は避ける 
「陰陵泉」:脾経合水穴
「右関門」:神闕上方3寸の健里穴の右3寸
「脊中」:督脈 第11胸椎12胸椎間

腹診

腹診

【腹診】脈が実で腹が虚の場合、腹証を優先する

「中脘」「右天枢」「左天枢」「関元」「期門」「鳩美」の圧痛を診る

Ⅰ型 三里の証:「中脘」に圧痛(心下痞硬) 膝を立て三里にしたから上へ水平刺(上地式)
   (胃経合土穴)
Ⅱ型 上巨虚の証:右天枢に圧痛 膝を立て三里と同じで上へ向けて水平刺。
   「浮・数」(風邪)の場合は曲池(大腸経合土穴)
         左天枢に圧痛→左会陽(尾骨の下端中央「長強穴」の外方5分)

Ⅲ型 太衝の証:(右期肋部)「期門」「日月」「章門」に圧痛 →胸脇苦満(肝実証)
   (肝経兪土穴)*筋の緊張が強く軽く触れて圧痛がある場合
   *太衝(肝経原穴)に寸6・3番をかかとに向けて全部刺入

   「肝虚証」:「右期門」に圧痛(筋の緊張が弱く、深く押して圧痛を感じる場合)
         右寸口の脈が「沈・実」めまいなどある場合
         右側の「れい溝」(肝経の絡穴)「期門」(肝経の墓穴)に2分間置鍼 
         右合谷に雀啄後1分間置鍼 

ⅳ型 太谿の証:小腹不仁(臍下不仁) 「関元」がふわふわ → 「腎虚証」
   (腎経兪土穴)
   腎虚は「復溜穴」だが 「太谿」を寸3・2番鍼で上(復溜穴)に向けて水平刺(上地式)
                   「関元」が硬結→(瘀血証)左中封雀啄

Ⅴ型 太敦の証:「鳩美」に圧痛 (心下満):症状が激しい場合
   (肝経井木穴)
   *「三陰交」+「陰陵泉」(松本式):症状が普通の場合

【申し込み《全国対応》

全国対応
首都圏にお住まいではなく、通院できない患者さんには日本鍼灸師会加盟の経絡治療を行っている近隣の優良な先生を紹介します。

お問い合わせの「その他の欄」におおよその住所  
例 山形県酒田市  のようにお書きください。

» お申込み

無料相談 ➿0120-69-1232 (9:00~17:00)

 【料金】

» 料金表

人気記事【どうにかしたいぎっくり腰】ハリで治ります!【まずはどんな腰痛の型か?】

人気記事【薄毛治療】薬に頼らないハリによる薄毛対策(AGA・FAGA)施術はいかがですか?【出張OK】